HOME > 観劇はちょっといい席でみる

観劇はちょっといい席でみる

自分へのご褒美旅行をする時、スケジュールの1つとして考えられるのが「観劇」です。国内でも有名な劇場があり、こういった場所でさまざまな劇を楽しむのも良いでしょう。また、ヨーロッパなどの劇の本場に旅行に行くのであれば、ミュージカルやオペラなどを予定に組み込むことも考えられます。さて、そんな観劇を予定に入れるという場合には、どのようなことに注意をするべきなのでしょうか。

旅行で観劇をする時には、ぜひ「良い席」を取るようにしましょう。劇場の広さにもよりますが、大きな劇場となると後ろの席はかなり舞台から遠い場所にあり、役者が豆粒程度にしか見えない、というようなことも良くあります。このような席では十分に劇を楽しむことができないでしょう。オペラグラスなどを用意していくのも1つの方法ですが、せっかくの自分へのご褒美旅行であればこそ、自分の目と耳で劇を楽しむことができるような席を取るのがポイントです。

ただ、やはり有名な劇場ともなると予約を取るのも難しく、良い席ほど取るのが難しくなりがちです。早い段階から予約をしておかなければ、なかなか良い席が取れないということも多いでしょう。場合によっては、大劇場の遠くの席で劇を見るよりも、少し小さめの劇場で良い席で劇を見た方が、かえって良いということもあります。見に行く劇場を変えることも想定に入れながら、観劇の予定を組んで見るのが良いでしょう。オーストリアなどへの旅行ならば、ぜひプランに入れておきたいポイントとなります。